心理学部卒でもうつになる。

心理学の知識のある人が体験談や、メンタルヘルス、健康について書いています。

何かをやり始めるとブレーキが利かない。結果、反動がきてしまう。

こんにちは、あかねです。

ポケモンGOが配信されてから1週間経ちました。

1週間経ったところで、特定のポケモンが随時2体以上いるという「ポケモンの巣」がシャッフルされ、今までとある場所にミニリュウがたくさん出現していたのが、イーブイになったとか。

ポケモンGOのニュースを見る度に、東京や大阪などの大都市はポケモンGETしやすくていいなぁとむせび泣く地方トレーナーですw

ポケモンGOをやりすぎて低調期に入りました

アホな話ですが。

ポケモンGOは確かに外へ連れ出してくれる強力なきっかけになりました。

近所のスーパーへ行くのにも車を使っていた私が、歩くようになりました。

 

ですが、1週間で22km歩いたのはやりすぎだったようです。

 

いつの間にか”義務”になってしまった

ポケモンGOが配信されてからの数日は純粋にポケモンGOをやりたくて外に出ていました。

しかし数日もすると手に入れやすいポケモンはあらかた手に入り、進化も済んでしまいます。そうなると、近所を歩いたくらいでは新たなポケモンに出会えなくなるため、数キロ単位で場所を変えなくてはならなくなります。

車で移動し、移動先で出て来るポケモンがあまり変わり映えしないと更に遠くへ行くしかありません。

また、ポケモンは平地、砂地、水辺、気温、天気、時間と出現する条件が違います。
私の住んでいる地域は平地に該当するようで、草・虫タイプは豊富です。
その代わり、欲しいポケモンによってはとんでもなく遠かったりする可能性があるのが、このゲームのネックでしょうか。

『ポケットモンスター サン・ムーン』 ダブルパック

価格:10,756円
(2016/8/2 21:12時点)
感想(0件)

始めの頃こそ、こういった条件を楽しんでプレイしていましたが、いつしか「ポケモンGOやりたい」ではなく、「ポケモンGOやらなきゃ」になっていました。

やらないと落ち着かないような、疲れているのだから休んだ方がいいと分かっていても出かけてしまう。

中毒というよりは、私の「やり始めたらブレーキが利かなくなる」という性質が出てしまったなぁと思います。

母親がそういう性質の人で、思いっきり遺伝しているようです。1つのことをやり始めると、それを終わらせるまで気が済まないんですよね。
一気にやらずに、休み休み、少しずつやればいいだけなのですが、性に合わないというやつです。落ち着かないんですよね。

幸い、ちょっと離れたらポケモンGOはどうでもよくなりましたが。

 

ポケモンGOはメインではなく、あくまでもサブという位置づけがちょうどいい

ポケモンGOというゲームの性質自体が、メインというよりサブという位置づけのゲームではないかと感じます。

  • 出かけるついでに起動しておき、たまご孵化の歩数を稼ぐ
  • 出かけたついでに、出先で起動してポケモンがいないかチェックしてみる

 

こんな感じです。

もちろん、ポケモンGO目的で出かけるのもありですが、あくまでも、時には、です。

 

ポケモンGOをメインでがっつり1週間やった私が思う事です。

正直ポケモンGO以外のこと何も出来なくなりますね。当たり前ですけれど。

ポケモンGOで通信制限に引っかかりそうな月末と、連日やっていたら気力がなくなってしまったうつ患者。の記事を書いた辺りでブレーキかけることが出来ていればまだ良かったのでしょうが、その後も訳の分からない義務感でやってしまった。

うつの方は皆さんそれぞれに自分のペースを探りながら生活されていると思いますので、ポケモンGOやる時もどうぞお気を付けください! 

当分本でも読んでゆっくり過ごすことにします。