読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心理学部卒でもうつになる。

心理学の知識のある人が体験談や、メンタルヘルス、健康について書いています。

休職したら肌荒れが良くなったんですよね・・・。悩まされた大人ニキビはストレスのせいだったみたい。

うつ 休職体験談

こんにちは、あかねです。

思春期の時にニキビに悩まされた方も多いかと思います。
私の場合、思春期の時もニキビは気にしていた記憶がありますが、社会人になってから、いわゆる”大人ニキビ”が酷かったです。

ニキビ跡もなかなか消えてくれなくて、人から(主に男性から)指摘される度に深く傷ついていました・・・。

 

1回目の休職で、だいぶ良くなった!

本当にしつこかった大人ニキビが、1回目の休職で綺麗になったんです。

休職してすぐに肌が綺麗になった訳ではありませんが、数か月寝て過ごす療養生活でしたし、仕事に限らずストレスが全くない環境。

寝る事が重要な時期を脱してからは、不眠に悩まされたり、中途覚醒や早朝覚醒の睡眠障害も酷かったですが、肌の悩みはどんどん消えていきました。

今思うと、納期が厳しくて1~2カ月24時前に会社を出て、寝たらすぐに出勤なんていう生活をしていた時は、お化粧しても隠せないイボのようなニキビが顔中に出来ていました。

私の大人ニキビは仕事のストレスと、疲労が原因だったようです。 

今はニキビ跡も以前に比べたら大分マシになって、鏡を見て落ち込むことも少なくなりました。

 

肌の調子は心のバロメーターだと分かった

ストレスを受けた時、体のどこに不調が現れるかというのは人によって違います。
お腹が弱くなる人もいるでしょうし、胃に穴が空く人も。

私の場合は肌に出ていたんだなと分かったので、ニキビが出来た時は疲れていないか、ストレスが溜まっていないか最近の生活を見直すようになりました。

うつって酷い時は本当に何もできないので、何もしない(できない)のですが、ある程度回復してきて身の回りの事などが出来る様になってくると、知らないうちに自分の限界を超えて行動してしまうことがあります。

そうなると調子を崩してしまいますので、うつの症状以外にも自分の体にストレスが原因で出てくる不調というのを知っておくのは再発を防ぐという意味でもとても有効ではないかと思います。